Hatena::Groupqwerty-history-jp

QWERTYの史的とぐろ?raycy このページをアンテナに追加 RSSフィード

犀 2 Tw KY B Q Oj C Pj Pe
記事一覧 近コメ 近トラ  QWERTY 系統変遷 変遷2 Sholes特許 ETC -A VTM QPA TQ PQ QLOOKアクセス解析
 | 

2014-03-13

Yostについて。 特徴 0.grasshopper movement 1.インクパッド式。 2.横に柔軟にしなれそうなタイプバー(無垢材のタイプバーに比して)

18:00

まるさん様のところにあるアップストライク式は いささか変則的なもので ひとつがここで主に紹介するYost。 もうひとつは Pullman

まるさんは”Pullman (アップストライク式)を入手し打ってみて、、 やはりアップストライク式のタイプライターのタイプバーは絡みますね”、と。 - QWERTYの史的とぐろ?raycy - qwerty-history-jpグループ

The grasshopper movement of the type brought it straight up through the alignment guide.

The Virtual Typewriter Museum: Yost 1
まるさんは YOST も お持ちだったんだ、、 YOSTは バッタ アクションだったっけかな でも アップストライクでもあるし - QWERTYの史的とぐろ?raycy - qwerty-history-jpグループ

まるさん提供 YOST

まるさんとの交信暦。アップストライク式の一種であるYOSTのタイプバスケット内、 タイプバー同士の タイプ打字中における輻輳事象について。 - QWERTYの史的とぐろ?raycy - qwerty-history-jpグループ

まるさん様との交信は もう何年か前からのことになる。

  • 私からの初送信が  Sent: Sunday, October 31, 2010 1:29 AM
  • まるさん様からの初回答が 2010/11/02 (Tue) 22:10

Yost:一種のup-strike式タイプライターについても まるさん様から情報提供を受けた。(2012年5月)

Yostの特徴について いますこしみておきたい。

インクパッド式(活字棒のタイプフェイスがスタンプ台に押し付けられた形で待機 の模様。)

http://babel.hathitrust.org/cgi/pt?id=loc.ark%3A%2F13960%2Ft3223ds1t;view=plaintext;seq=43;page=root;size=100;orient=0

Yost. This was the first machine of any importance to use an inking pad instead of a ribbon. It was also the first practical machine to use a type-guide at the printing point. (This principle was first employed by Dr. Francis.)

Evolution of the typewriter, by C.V. Oden ... - Full View | HathiTrust Digital Library | HathiTrust Digital Library

横に柔軟にしなれそうなタイプバー(無垢材のタイプバーに比して)(横… サイド方向? スラスト方向?) 

Yostのタイプバーに特徴的なのは タイプバーが 一本物の無垢材でなく 左右に板材を二枚使ったサンドイッチ的な 中空構造状になっていること。

軽量化 および 全体がしなって衝突のショックを緩和することが あったのかなと思う。

タイプバーのからみやすさに関する一般論 (仮説)

タイプバーの絡みつき固着しやすさの度合いについては その支点部の逃げ機構や 棒の柔構造性がからんでくる。

タイプバー同士の衝突干渉は Sholesらの初期特許以来 常にあった対策されるべき課題であった。

  • 1878年ごろには interfere
  • 188x年Jenneには collisionショックからの逃げと復帰に 支点をしなやかに。

この問題は づっと続いていくこととなった。

  • Peter Wailによれば・・・

フロントストライクの時代になると より薄いタイプバーになり、 タイプバーというか板?自身がしなることができるようになる。


あるいは 一応解決したのは 実は フロントストライクとなって ユーザーの対応が変容することになって、なんら 本質は解決していないのであるが うやむや的に? 実際上問題ないように うーむ 解決? されたような気分になっていたのだったろう。

こん日の かつてタイプバスケットが強いていた機械式の制約から解き放たれた? といっても 私は メカをもつキーボードを使っているのであるが キーボード・ライティングになって

 

 |