Hatena::Groupqwerty-history-jp

QWERTYの史的とぐろ?raycy このページをアンテナに追加 RSSフィード

犀 2 Tw KY B Q Oj C Pj Pe
記事一覧 近コメ 近トラ  QWERTY 系統変遷 変遷2 Sholes特許 ETC -A VTM QPA TQ PQ QLOOKアクセス解析
 | 

2010-06-10

タイプバー印字経済社会においては、タイプバー印字の機能維持が、至上命題となるのが至極当然、かも。

11:44

市場経済にとって、市場マーケットが機能しない市場経済というのは、市場経済ではない。マーケットが機能してこその市場経済。よって、その市場経済社会においては、市場の機能維持が、至上命題となるのが至極当然、かも。

(マーケットが解決できない類型(⇔タイプ)の課題をマーケットに問うてしまっていたのが、原因?)

ご託宣を得る装置。それがマーケットだとしたなら、マーケットがご託宣を返してくれるタイプの問いを投げかけたか。あるいは、別のシステムに問うべき類型の課題を、マーケットに問うてしまったのか。ご託宣、その類型とは政治課題?


市場経済社会においては、市場の機能維持が、至上命題となるのが至極当然、かも。

自己アイデンティティ・自己存在の否定につながるってな意味で、システミック・リスクってな呼称を採るのかな?


タイプバー・クラス(⇔class⇔級)・タイプライターにおいては、タイプ・バスケットでのタイプバーの運動確保が、、?

タイプバー印字経済社会においては、タイプバー印字の機能維持が、至上命題となるのが至極当然、かも。


言語によって、その発話音素の発生確率が、微妙に異なるのか。

文字素の発生確率が、微妙に異なるのか。


アルファベットでも、英語とローマ字日本語とでは、出現確率が異なる。

すべてのアルファベット文字が等確率で単文字および連文字出現するならば、キー配置の変更は無意味だが、事実は単文字・連文字出現頻度には、分布の偏りがある。

 |